スイス・アーミーナイフ

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_6207.jpeg まだなんの用意もしていませんが、今週からヨーロッパ・バーションに切り換えです。
 今回はスイスのマッターホルンの麓ツェルマットに2泊して、白ワインで今年の感謝祭を乾盃し、霊峰を遠望してきます。
 楽しみに待った霊峰を、遠望できるかできないかは、行った上での運任せ。天気予報によると気温5度、曇り多少の雪になっていますが、山の天気は変わりやすいので、どうなることかです。雲ならば私が吹き飛ばす。
 うまく写真を撮らえたらブログに更新、それとも絵はがきでの更新となるか、請御期待!
 以前に南米ペルーで世界文化遺産のナスカの地上絵を、セスナー機に乗って上空から観光したとき、ガイドさんが名言を吐きました「カメラで写真を撮ろうとせずに、裸眼で地上絵を楽しんでください。写真は着陸してから絵はがきを買えます」。これに納得して以来、観光地ではできるだけ裸眼で観て、眼の裏側で焼き回しするようにしています。
 「晴れてよし 曇りてもよし 待ったホルン」の心境で、スイスアミー・ナイフを持って出発です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/334

コメントする

この記事について

このページは、三休が2017年11月20日 03:43に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「越冬スズメ」です。

次の記事は「習近平VSトランプ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。