白根山

| コメント(0) | トラックバック(0)

800px-Pcs34560_IMG_2956.jpeg 今日23日、わがふる里の白根山(2171m)が、水蒸気噴火したニュースでした。近くの草津国際スキー場で訓練をしていた陸上自隊員1人が噴石に当たって死亡したほか、他の隊員7人とスキー客ら4人の計11人が負傷し、山頂付近には約80人が一時取り残され自衛隊に救助されたといいます。気象庁は噴火警戒レベルを入山規制の3に引き上げ噴石などに警戒を呼びかけています。大事なきように祈ります。白根山は死火山とばかり思っていました。またそう習ってきました。
 私はこの山には特別な想いがあります。小学1年の時に野外活動で、担任の先生に引率されて近くの城山に登り、ふる里の山を一望に収めました。先生から南方に稲含と秩父連峰、西方に妙義山、荒船、浅間山、北方に谷川連峰と説明を受けました。私が遠く北東方向の尖った山を指差して「あの山は」と質問し、先生は「白根山」と教えてくれました。私がすかさず「そんな山しらね〜さん」とガキレベルの駄洒落を放し、これに先生と生徒が大笑いでした。
 これが私とわがふる里の山々との初顔合わせであり、同時に駄洒落の事始めでした。この時に受けた駄洒落が病み付きになり、いまだに小学1年程度のオヤジギャグを連発して周りを白根させています。
 それでは、明日からまごまごとスイスへ出かけてきます。スイスはアルプスが連なるのに火山がないのが不思議です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/363

コメントする

この記事について

このページは、三休が2018年1月24日 02:28に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「爽快なニュース」です。

次の記事は「乳母車」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。