安倍改造内閣

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_8148.jpeg 6日から10日間ほど出かけるので、タイマーで家のライトがつくようにし、愛嬌あるハロウィーンのカボチャに留守番を頼みました。右に小さく見えるのは無事カエルです。隣近所もハロウィーンの飾り付けがはじまりました。
 久しぶりの政治談義ですが、第4次安倍改造内閣をみますと、党役員と閣僚に手堅くベテランを布陣し、そのうえで新人の起用が巧いのに感心です。いったいポスト安倍の人材がいるのかと杞憂していたが、どうしてどうして今回の人材登用で、ポスト安倍の逸材が一斉に出そろいました。安倍首相は後継者同士を競わせる見事の人事で、外野からは見えませんが、やはり自民党には逸材が居るようで、力のある者が着実に出てきました。
 特に名人芸は石破派から山下貴司議員の法務大臣の抜擢です。これで石破議員の芽を摘み、同期のプリンス小泉進次郎議員を凌ぐ強力なライバルになります。これで次期総裁戦とその次の総裁選の候補が出そろってきました。安倍首相は後継者の布陣を敷くことで、自民党史に残る名誉総裁になることでしょう。私は友人の入閣を秘かに期待していたが、これは無念。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/465

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、三休が2018年10月 3日 02:20に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「本居宣長」です。

次の記事は「サバイバル世界史」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。