森伊蔵

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_8738.jpeg ここ数年の独り酒は焼酎になっていまして、夜更けの書斎で静にゆっくり飲んでいます。
 ですのでJAL国際線の機内で森伊蔵を販売している時は必ず買って帰ってきます。
ここ数ヶ月のJALキャンペーンで、ファーストクラス、ビジネスクラス、グローバルクラブ限定で、75日前から在庫保証なし予約で受けつけていました。さっそく重厚な木箱に薩摩切子を思わせる赤いボトルの10年熟成「楽酔喜酒 森伊蔵」を購入しました。この販売方法は好みでありませんが、いまだに有限会社ということで、私へのお年玉として購入しました。
 かつてメキシコ産の極上テキーラを飲んだ時、度の強い通常のテキーラと全然違い、まろやかでうま味がありアルコールの度数も感じさせずに一気飲みしたことがあり、テキーラはこんなに美味い酒なのかと思いました。この時と同じように「楽酔喜酒 森伊蔵」も25度でしたが、いも焼酎の臭いもなく全く同じ味わいで澄んだ水を飲んでいる感覚です。
 まだ半分ほどありますので、江戸切子のグラスの注ぎ、人生をゆっくり楽酔喜酒しながら乱気流突入の2019年を起動させました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/509

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、三休が2019年1月 9日 00:37に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「一生元気」です。

次の記事は「デジタル文化大革命」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。