ハロウィーン,2019

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_9568.jpeg         (往きのJAL機上で妻とともに)
 昨夜、日本から一人戻ると、当地の今日はハロウィーン。今年のハロウィーンはカボチャを2個置いただけで飾り付けをやめ、それでも子供たちへのお菓子だけ用意しましたが、、(結果は子供が8人だけで沢山のあまってしまった)。
 10ヶ月ぶりのJAL機上は映画の鑑賞三昧でした。ハリウッドの新作映画は「Once Upon a Time in Hollywood 」、ディカプリオとブラッドビットの夢の共演の駄作だけで後パス。旧作で主人公(ウィルスミス)が人生を愛、時間、死をテーマした「最高の人生の見つけ方(The Bucket List) 」、ジャックニコラソンの余命宣告され棺桶に入る前にやっておきたいリストの顛末「素晴らしきかな、人生 (Collateral Beauty)」、いずれも2度目の鑑賞でしたが、今の私の心にしみ入りました。90歳の麻薬「運び屋 (The Mule)」の実話、クリントンイーストウッド作はいつも面白い。
 邦画では「アルキメデスの大戦」、戦艦大和の建造までの物語が名作でしたが、台湾を舞台にした「パラダイスネクスト」は駄作。
 長かった彼岸への旅から此岸に戻って来たら、もう11月。よい月にしていきましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/623

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、三休が2019年10月31日 19:52に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「天皇陛下万歳」です。

次の記事は「2020年度計画」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。