パンドラの箱(1)

| コメント(0) | トラックバック(0)

97052a1f99c288eccce0161962258f27.jpeg なんでも日本を超えないと気が済まぬ韓国だが、武漢ウイルス感染数までゆうに超えてしまった。ここまでやらなくてもいいのにと思うのだが、、、
 昨日は集団感染が起きた新興宗教団体の教祖が土下座の謝罪(写真を掲載しようと思ったが、武士の情けで止めにした)。韓国は土下座謝罪がお好きならしい、たぶん日本統治時代の置き土産かと思う。
 教祖は「本当に申し訳ない。どう謝罪すればいいのか分からない」と2度土下座し、一方で伏せた顔から舌を出し「誰のせいかと問い詰めるときではない。天が助けてくれるだろう」とこの居直りさすが教祖様。天はなぜ集団感染前に助けなかったのか?しかし韓国よ、土下座すべきは教祖様でなくお隣の国家首席ではないか。
 もっとも中国に土下座の習慣はないと思う。せいぜい三角帽を被せられて自己批判を迫まるだけだ。早くも習近平中央を批判した記者が相次いで拘束され学者らも軟禁するなど言論弾圧と隠蔽工作が始まった。武漢ウイルスは国外から持ち込まれた陰謀とのすりかえさえはじめている。
 でもこのままでは治らない。パンドラの箱が開き、あの悪夢の文化大革命が半世紀ぶりに再び待ち受けている。しかも、今回は世界を巻き込んでの文化大革命となる。すでに台湾からその狼煙が上がってきた。(続)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/674

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、三休が2020年3月 3日 03:08に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「習近平殿面下げて日本へ」です。

次の記事は「オードリー唐(2)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。