爪の垢を煎じて呑む

| コメント(0) | トラックバック(0)

51DjBXyHfxL._SX339_BO1,204,203,200_.jpeg イエローハットの創業者、鍵山秀三郎(87歳)著「大きな努力で、小さな成果を」(2020年4月刊)を拝読。素晴らし内容でした。
 グローバルリズムの合理化、利益優先のビジネスが謳歌するなか、真逆なトイレ掃除から始める遠回りで不合理な経営手法で王道を行く、こういう立派な経営者がまだ日本に生息しているのですね〜。極めて日本的な経営です。先ずトイレ掃除から出発は中共ウイルス後の経済復興に大いに活用できます。
 トイレ掃除の5つの効用:
 1、謙虚な人になれる
 2、気づく人になれる
 3、感動の心を育む
 4、感謝の心が芽生える
 5、心を磨く
 となっています。
 私はトイレで用事を済ませる度に、便器の流れ行く水に感謝していますが、とても、とても鍵山氏の素晴らしさは真似できません。せめて爪の垢を煎じて呑み、別の感謝法を創建したく思っています。
 6月は鍵山氏の余韻のなかで締めたく思う。7月は執行草舟著「『憧れ』の思想」から入ります。
 どうぞ、元気によい7月をお過ごしください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/727

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、三休が2020年6月28日 22:44に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「凡事徹底」です。

次の記事は「わが敵「習近平」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。