中共ウイルスに陰性

| コメント(0) | トラックバック(0)

22337-788v4jalxzip-4-788v4jal.jpeg JFK―羽田間の国際線でファーストクラスのない機材に初めて乗りました。したがい私の座席が一番前となり、しかも両側席に誰もいません。中共ウイルスの影響とはいえJALさん誠にお気の毒。JFKも羽田飛行場も機内もガラガラで、いつも聞こえてくる中国語がまったく耳に入ってきませんでした。
 羽田では唾液によるPCR検査となり2時間の結果の待ちで、陰性を確認して入国になりました。それでもやはり不用不急のほかは14日間の自宅待機です。唾液によるPCR検査の正確度は90%ですので、ここで自宅待機させずに開放すべき思うのだが。
 まぁ、天から「たまには古里でゆっくり休め」と賜った癒しの旅に感謝し、もっぱら散歩三昧を決めています。さっそく今日は朝から1日で8000歩でした。
 散歩の帰り道にマック店に入り、朝なのに「月見マフィン」で、「月を見る、心が上を向く」朝食、ランチはデニーズで和食セット。6ヶ月ぶりにレストランの中に座っての食事、もうこれだけて幸せ。
 明朝も同じコースを散歩した後、マックで月見マフィンと今回はコーヒー2杯です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/755

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、三休が2020年9月 7日 20:54に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「中共無神ニヒリズム」です。

次の記事は「ふる里は近きにありて、、」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。