ジュリアーニ「鬼滅の刃」

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_1204.jpeg 毎年ハローウインの飾り付けは翌日に整理することにして、サンクスギビング(感謝祭)の飾り付けに変えています。近所でハロウインの飾り付けは一番遅く、サンクスギビングは一番早いとなっています。感謝は真っ先にやるが私の心情です。
 アメリカ大統領選は明日になりました。
 選挙権の無い日本人がとやかく予想して騒いでも始まりませんが、やはり気になるところです。今朝早くにユーチューブを開きますと動画のトップが、元NY市長でトランプの顧問弁護士ジュリアーニ氏の過激な「バイデン事件の真相」でした。何度も机を叩く義憤と気魄に満ちたスピーチでした。NY市長時代に大きな功績を残し、一時は大統領候補視された氏が、これほど怒るとはよくよくのことなのだろう。
 「バイデンが我が国の大統領になりたいと?信じられない!今すぐにでも連邦刑務所に入るべきだ。そこで余生を過ごすべきだ。ホワイトハウスではなく、そこにいるべきだ」。
 「このグループ(ディープステイト)は国家を売っても惜しまない。ただトランプを潰したいだけだ」。
 「民主党の上層部はクリントン時代から腐りきっている。浄化して出直すできだ」。 
 たぶん動画がすぐにブロックされると思いコピーを保存しました。
 https://www.youtube.com/watch?v=p0KuV7p5RAw

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/781

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、三休が2020年11月 3日 00:47に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「11月です」です。

次の記事は「行く人なしに 秋の暮れ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。