春節そしてバレンタイン

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG2:13.jpeg   「大雪を 見ながら語る 温暖化」(三休)
 今回のアメリカ不正選挙から世界に於ける情報隠蔽、情報操作、印象操作、情報騒乱とにかく情報が溢れ過ぎて、いったい何が事実なのかわからなくなります。我々はかなり情報操作に洗脳されてきました。故意に偽情報を流すと真相が霞む。地球温暖化も洗脳なのか。これらから得た今回の結論は、情報だけにでなく自分の見識と頭脳で冷静に「真相」を見極めて行くしかないという事でした。
「天皇の国史」をハイペースで読み進めてきましたが、昭和に入り読むのが辛くなり、にわかにスピードが落ちてしまっています。
 はやいもので2月12日は司馬遼太郎の25周忌でした。私の日本史の多くは司馬史観によるのですが、氏が最後まで昭和を歴史小説にしなかったことが、今になってよくわかりました。それでも令和天皇の誕生日までには読み終えます。
 今日のバレンタインはチョコのプレゼントでなく、中共ウイルス対策のためモデルナのワクチン接種でした。そして届いたバレンタインカードは、歯医者と眼医者と保険会社からでした。
 もうすぐ春なのに、トホホ、、

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/820

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、三休が2021年2月14日 07:01に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「紀元節そして春節」です。

次の記事は「天皇の国史から量子論へ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。