東京オリンピック

| コメント(0) | トラックバック(0)

7:23.jpg いろいろゴタゴタ騒ぎの連続だったが、やっと東京オリンピック開催まで漕ぎ着け、今週から大谷翔平選手フィーバーから東京オリンピックバージョンに切り替わる。たとえ無観客でもその分きっとユーチューバーが盛り上げてくれる。
 森喜朗元実行委員長は、つまらぬ悪意で引きずり下ろされたが、体育会系出身の彼の執念は;「お客さんに見せるためだけに五輪があるのではない。最大の問題は観客だが、無観客だっていいんじゃないか。五輪に向けて一生懸命、努力をしてきたアスリートのためにもある。アスリートファーストで選手のことを考え、すべてを犠牲にしてきた選手のためにも開催」を強調していた。私も体育会系なのでこの主張を支持してきた。
 同じく私の体育会系の友人が、羽田でのカヌー競技のボランティアとして参加。また私の台湾の義理の姪が、7月23日から8月2日までテニス試合のコーチとして参加してくれる。彼女はかつて台湾トップのテニスプレーヤーで、今は国際ライセンスのコーチとして活躍している。彼女はテニスに疲れてプレーするのも嫌になったが、北京パラリンピックで盲目の選手たちが音だけを頼りにテニスをする姿を見て感動しコーチとして復活しました。アスリートには人を動かほどのパワーがある。
 私は2人のボランティアを誇りに思うと同時に、中共ウイルスの感染騒ぎのなか、一生を懸命に努力をしてきた世界のアスリートに声援を送り、五輪を盛り上げて日本を元気にしてもらいた。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/883

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、三休が2021年7月20日 00:55に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「古事記の世界」です。

次の記事は「 ブルーインパルス*天馬空」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。