五月のこと

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_7576.jpeg 5月2日に富士山から当地のオフィスに戻ると、八重桜が満開で待っていてくれました。
 八重桜が散りはじめて花絨毯になると花水木の開花がはじまります。花水木はアメリカの東海岸が原産ということもあり、どの家々の庭に見られるほどポピュラーです。Dogwood(犬の木)という名称が気に入りませんが。
IMG_7612.jpeg 花水木の開花とともに私の鼻水期がはじまります。車を外に一日おくだけで花粉に覆われ薄黄色になるのですから、この時期に花粉が目を刺激し、鼻から気管に浸入し、くしゃみと咳が出るのは当然のことだと諦観しています。
 ハナミズキが散りつつじが咲き、樹木の若葉が茂りはじめると、私の鼻水期が治まり初夏となります。そしてじき新緑の散歩シーズンがはじまります。
 毎年こうした大自然に織り込まれた秩序に感心し、しみじみ私も自然サイクルのなかに組み込まれていることを実感しています。
  空〜を押し上げて くしゃみする君 五月のこと〜♪

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/411

コメントする

この記事について

このページは、三休が2018年5月14日 23:17に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「甲州勝沼ワイン」です。

次の記事は「こんまり教祖」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。