W杯のサムライたち

| コメント(0) | トラックバック(0)

 W杯サッカー、日本サムライチームの快進撃が続いています。次のポーランド戦でベスト16に進んでもらいたい。
 日本チームが勝つことは嬉しいですが、私は別の3つの事で喜んでいます。コロンビア戦が始まる数日前から、敗戦を前提に早くもA級戦犯さがし、傲慢な本田選手か、どたばた騒ぎ後のにわか造りの西野監督か、「おっさんチーム」かと、、、それが、この初戦に勝つたことで見苦しいうろたえぶりが鎮火しました。
 第2戦の強豪セネガルとの激闘のなか、本田選手が同点ゴールを決めたことで、必要以上に続いた本田パッシングが鎮まったことです。これでチームとサポーターが、気持ちよく一丸となって次のポーランド戦に挑める。
 さらに、戦後処理としてサムライサポーターの残心です。試合終了後に球場のゴミ拾いが、世界から信じられぬ行為と称賛されています。これを見てコロンビアもセネガルのサポーターも自分等のゴミを持ち帰っていたようです。
 死闘の後のサムライの残心、みなまさに日本チームです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/425

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、三休が2018年6月25日 22:57に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「時は今、場所はここ」です。

次の記事は「W杯胸先一寸でかわす」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。