加油香港

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_8495.GIF このところ香港問題と大陸の内情ニュースを、1日に2時間から3時間ほど検索しています。
 ユーチューブで大紀元を始め自由亜州電台や東森新聞など中国語が入り込んできて、すっかり留学時代にワープしたかのようです。このところ中国情勢は日替わりメニューで、どうなるのかも予想できずにただ進展を見守っています。
 私の前回の香港出張は2018年12月でした。あの時に無理してでも香港―マカオー珠海大橋に渡っておいてよかった。大橋で海上を渡りながら何となくこれで香港も私自身も変わるだろうなと予感していましたが、その通りになりまった。あれから香港デモが始まり、2度も出張をキャンセルして無沙汰になっていますが、行きつけのホテルからほぼ毎日のように案内メールが届くようになりました。今ではそのメールがSOSを訴えているようで辛く感じてしまう。行ってやりたいがいつの日になることか。あるいはもう行けないかも知れない。今は香港が「天滅中共」「撤回天下之悪法」で、自由を勝ち取り「香港が香港であること」を希望するのみです。
 近代中国の革命は南の広州から武漢を経由して北京へとなっています、今は武漢を過ぎて北上しています。テレサテンの「香港」が、哀歌にならぬことを祈っています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/733

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、三休が2020年7月13日 08:05に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「わが敵「習近平」(続)」です。

次の記事は「「憧れ」の思想」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。